2011年09月04日

河合塾との連携企画 〜サポーター研修会〜

大手予備校の河合塾さんとの連携企画。

学習サポーターを対象とした研修会を開催しました。

目的は大きく3つ。

・学習サポートの質を向上させること(活動での困り事が解消されていること)
・学習サポーター同士の連携を強めること
・学習サポーターが河合塾の講師に質問しやすい関係性をつくること
 (→いつでもプロ講師に質問できるメーリングリストを運用していることから)

アスイクでは「現場の主役は学習サポーターの皆さんである」というスタンスを
貫いているつもりです。

この研修を開催するにあたっても、サポーターを型にはめようとしているのではなく、
サポーターの皆さんが子どもたちのためにより力を発揮できるようにするための場、
サポーターに利用してもらうための場、とお伝えしました。

さて、前置きが長くなりましたが、
当日は学習サポーターが10名、河合塾からは4人の講師の方々が参加。

kawaikenshu1.JPG

まずは確認の意味もこめて、
指導者としてのスタンスや指導のポイントについてレクチャーしていただきました。

kawaikenshu2.JPG

その後、2グループに分かれてグループディスカッションへ。
河合塾の講師がファシリテーターとなり、子どもとの接し方、具体的な指導方法など
について、和やか且つ真剣に1時間半程度の意見交換を行ないました。

参加したサポータからの主な感想です。

・指導方法の悩みに対する回答も具体的で、授業の組み方や声がけの仕方などを学ぶことができた
・自分が教えると考えず、一緒に考え、今後に役立つ支援をする必要があると気づいた
・子どもの目に見える成果が重要だと気づいた
・拠点の講師全体で生徒の担任であるという意識が大事だと思いました
・褒め方、叱り方のポイントを実践していきたい
・定期的にこういった集まりを開催して欲しい
・(もともと予定していた)ロールプレイはできたらなと思いました

河合塾の方からも、「サポーターのモチベーションが高く、本当に感動した。
皆さんに教えてもらっている子どもたちは、本当に幸せだと思う」という
大変ありがたいコメントをいただきました。

このような場をお作りいただいた河合塾の皆さま、ありがとうございました!

(大橋)
posted by NPO法人アスイク at 13:55 | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする