2012年06月07日

ふうどばんく東北AGAINさんからの贈り物

まだ食べられるけど、表示間違いなどのちょっとした理由で市場に流通されない食品を
生活困窮者に配布する活動をされている「ふうどばんく東北AGAIN」。

本日、事務局長の高橋さんがお越しくださり、お菓子をご提供くださいました。

ふうどばんく東北AGAINとアスイクは協定書を交わし、お菓子類を学習支援センター
19 Tsutsujigaokaに提供してくださることになりました。

2012060717540000.jpg

いただいたお菓子類は、19Tsutsujigaokaで使える仮想通貨「19 money」で
子どもたちが購入します。

「19 money」は、子どもたちがセンターの清掃や地域のイベントに参加したときに支給。
子どもたちがお客さんではなく、センターを運営する一員であるという意識をもってもらう
ためのキッカケとして導入している取り組みです。

ふうどばんくは、被災によって、あるいは被災に関わらず生活に困窮している方々への
食料支援を担っています。

困窮者のサポートと食品を大事にする風土を生み出していく、大事な活動です。
ふうどばんくを応援したいと思った方、ぜひ、寄付などのご支援をいただければ幸いです。
ふうどばんく東北AGAIN


posted by NPO法人アスイク at 18:49 | 活動報告(組織運営) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。