2012年08月29日

【特別講座】親子で学べる金銭教育セミナー

8月25日(土)に、親子で学べる金銭教育セミナーという
特別講座を開催しました。

講師は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の社員の皆さま。
子どもが携帯電話やインターネットを利用する時代になり、便利さの裏で、
ワンクリック詐欺や架空請求など、
子どもを取り巻くマネートラブルが急増しています。
そこで、子どもたちにお金の役割やマネートラブルから身を守るための知識を
養ってもらおうと思ったことがきっかけです。

第1部はカードゲーム、第2部のマネートラブル講座の2部構成。

まずは、第1部のカードゲーム。
カードゲームを通して、お金の役割を知る時間です。

RIMG0090.JPG
<ゲームのやり方説明>

お金で物を買うのではなく、物々交換で自分の作りたい物の材料を
集めていくゲーム。

「パンを作りたいから、あと小麦があれば・・・」
「服を作りたいから染料がほしい」

子どもたちは積極的に他のチームと物々交換をしていました。

自分の持っているカード(物)と相手が持っているカード(物)を見ながら、
作りたい物を実現させようと慎重に交渉をしていました。
(交渉する体験も大切ですね)

RIMG0091.JPG
<集まったら、交換。家、服、パンなど各チームさまざま>

カードゲーム終了後、参加した子どもたちは
お金マイスターをもらいました。
カードゲームで一番早く材料を集めて、作りたい物と交換した川チーム。
金のお金マイスターをもらいました!素晴らしいです!

RIMG0101.JPG
<おめでとうございます!>

途中でお金に関するクイズも出されました。
@100円玉と500円玉のふちのギザギザが斜めに入っているのはどちらでしょう?
A10円玉と100円玉、大きいのはどちらでしょう?
A1円玉に描いてある、葉っぱの枚数は何枚でしょう?

などなど…
なかなかの難問にみんな頭を抱えていました。
身近な存在なのに、よくよく考えたことがない!ということばかり。
事務局スタッフも真剣に考え、答えていました。


第2部は、インターネットに潜むマネートラブルと題して、
お金のトラブル(ワンクリック詐欺・フィッシング詐欺・ネットオークション詐欺)
について学びました。
ネットや携帯が普及している世の中に潜む危険。
みなさん興味深く相槌を打ちながら、真剣に話を聞いていました。

マネートラブルはなかなか相談しづらいデリケートな問題です。
子どもでしたら、なおさら相談はしづらいもの。
親子で楽しみながらお金の大切さやマネートラブルのケースなどを
学ぶことができ、とても有意義な時間でした。
今回、丁寧に教えてくださった
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の皆さん、
とても良い企画をしてくださり、ありがとうございました!

ちなみに…
クイズの答えは、@500円玉A10円玉B8枚 でした!


(佐藤 捺美)


posted by NPO法人アスイク at 13:13 | 活動報告(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする