2013年09月03日

続・卸町のお楽しみ会ー休み明けの花火大会!in卸町


8月30日、子どもたちの夏休みが開けて1週間の金曜日、
卸町には、幼稚園2名、小学生8名、計10名の子どもがフルメンバーで参加してくれました!

よく、「夏休みぼけ」などとも言われるこの時期にも関わらず、
卸町の子どもたちは、ほとんど休み前と変わらないペースで
各自の宿題などに取り組んでくれました。

隣り合って勉強することで、互いに学習への集中度が上がるような仲間がいたり、
仲の良さにおしゃべりをしちゃう時もあるけれど、
分からないところがあれば教えてくれる子がいたり。
サポーターの役目ももちろん大切ですが、
卸町では、勉強会の雰囲気が「子どもによって」作られていることを実感します。

これからの課題は、宿題が終わった子の時間の過ごし方と、
開始時間からいかに集中して学習に取り組めるか(最後の追い込み、ではなく。汗)、
というところでしょうか。

それにしてもよく成長したなー、
とサポーターの私は子どもみんなにハナマルをあげたい気分です。

さて、今回は先週雨で中止になった花火のリベンジをしました!

花火は、線香花火、ススキ花火、スパーク花火など。
危ないので「人には向けない」「持つのは1本」「終わったら水バケツへ」
など、口うるさく言う監視役サポーターは、とても気が休まらないのですが、
子どもたちの楽しそうなことと言ったら…。

キラキラパチパチする手持ち花火に、どの子も大興奮。
目を輝かせていました。
小さな子も、お兄さんお姉さんをお手本に、怖がらずに挑戦。
年上の子がよく面倒を見てくれるので、頼もしいです。


しゅわしゅわー、と火の粉をまき散らして
ぽてん、と落ちてしまう線香花火に
「なんか、これ見ると切なくて、夏の終わりを感じるのよね〜」
と、お母さん方とお話するサポーター。

卸町の季節も、移り変わっていきます。


IMG_2138.jpg


(卸町サポーター)
タグ:卸町
posted by NPO法人アスイク at 16:55 | 活動報告(仮設住宅) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする