2012年12月10日

年内最後の学習サポーター研修会

12月9日(日)は学習サポーター対象の研修会を開催しました。

毎回好評のコーチング研修と教え方を学ぶ座談会の二部構成。
コーチング研修では、視点を変えるリフレーム力と60秒コミュニケーションの
手法を学びました。
リフレームとは、物事の見方・捉え方を変えること。
たとえば・・・
理屈っぽい→知的、論理的
口下手→言葉を大切にしている
短気→行動力がある、判断力がある

言葉を言い換えるだけで、印象が全然違いますね。
まるで魔法みたいです。

RIMG0264.JPG


続いて、60秒コミュニケーション。
たった60秒と感じるかもしれませんが、実践してみるとなかなか話せることに実感。
リフレームと前回の研修会で学んだIメッセージを取り入れ、
子ども役、サポーター役、オブザーバーの3名1チームで学習サポートをイメージして
演習を行いました。
(Iメッセージとは・・・相手の話したことを評価するのではなく、
 私がどう感じたかを伝えること 
 例)風邪が治ったのね、よかったね+心配していたのよ・・・など)

RIMG0280.JPG

60秒コミュニケーションを実際行ってみて感じたことは・・・
・答えやすい質問で問いかける。(YESNO、やるorやらない)
・できている日を思い出させる。
・共感(大変だね)、承認(この問題できるなんて、すごいね)、
 報酬(この問題終わったら休憩しようか)が大切。

上記に共通することは、観察すること。
相手に合わせることで、尊重されていると安心し、
「また来たい」という気持ちが湧きます。
いい循環ですね。

コーチング研修会のあとは、教え方を学ぶ座談会。
数学、社会、理科の問題文を読むときに、ヒントがあるところに
印を付けながら読むようにする。
問題文が理解できると国語力が上がる。

他にも、これからの受験生対策、発達障害の子どもの覚え方、教え方だけにとどまらず、
学習会で子どもに善悪を教える、聞き苦しいことは、言われると困るということを
伝えるという一部コーチングにもつながることもアドバイスいただきました。

RIMG0287.JPG

13:00〜の研修会からあっという間の4時間半でした。

研修と座談会を受けた感想は、
リフレームは子どもとの会話だけではなく、日常の生活でも役立つと感じた、
今までは「〇〇して」ということが多かったので、
自分の気持ちを伝えることが大切だと学んだ、などの感想をいただきました。

最後になりましたが、講師をしてくださった後藤さん、
座談会でアドバイスをくださった土佐さん、本当にありがとうございました!

そして研修会後は、子どもたちと一緒にクリスマス会を行いました★
詳細はクリスマス会のブログにつづく・・・!!

(和田)


posted by NPO法人アスイク at 20:19 | 活動報告(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

対話を大切に〜第7回リーダー会議〜

12月2日(日)に第7回拠点リーダー会議を行いました。

今回からリーダー会議をリーダイアログという対話しやすい形にリニューアル。
変えてみて、事務局とリーダーの報告や意見交換のような堅い感じではなく、
思っていることを素直に話し合え、活発に意見が出たのではないかと感じました。
(拠点リーダーにも好評でした!)

今回、全拠点8ヶ所それぞれの半年間で達成したい拠点方針を発表。
先月の拠点リーダー会議で、リーダー自身が考える拠点方針を発表してもらい、
この1ヶ月間、拠点に持ち帰り、サポーターたちと話し合って決めた決定版の方針です。
他の拠点が出した方針に共感したり、違った視点の捉え方に刺激を受けている
リーダーもいました。

続いて、3つのテーマに沿ったグループディスカッションを行いました。

今までは1つのテーマをみんなで話し合っていましたが、
テーマ別に小グループに分かれ、時間を設けて話し合ったことで、
テーマに対する多くの意見が出て、解決または現場でやってみたいという
アイディアが多く出ました。

20121202_リーダー会議.jpg

印象的だったのは、学習会の意義について。
限られた時間の中で意義のある学習会にしていくにはどうしたらよいか、
というテーマに、宿題の出し方の工夫や学習スケジュールを組むなどが出ました。
話していて感じたことは、子どもにとっての有意義な学習会とは何か。

サポーターがたくさん教えたと感じていても
子どもからすれば、勉強を詰め込まれたと感じることもあり、
逆にサポーターが十分に教えられなかったと思っても、
子どもは分からないことが一つ覚えられたと感じているかもしれません。
相互の確認の為にも、最後に学習会で勉強したことを振り返る時間を設ける、
という意見が出ました。
インプットをアウトプットするのは、理解が深まりますね。

一方で、子どもの中には、学習会に来ることは、
サポーターとコミュニケーションをとることが
楽しみという場合もあり、子どもによってニーズはさまざまです。
こちらが意義のある学習会を決めていくのではなく、
子どもがどうしたいかを聞くというのは、大切なことですね。

次回のリーダー会議は、1月27日(日)。
来年も充実したリーダー会議になりそうです。

(和田)

posted by NPO法人アスイク at 19:50 | 活動報告(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

第6回拠点リーダー会議開催

先日第6回拠点リーダー会議を行いました。

春から拠点毎、学習サポーターリーダーを導入し、
リーダー中心にサポーターが主体となって拠点運営を行っています。
ブログでもご承知の通り、サポーターの皆さんのチームワークで活動が成り立っています。
本当に感謝ですm(_ _)m

半年が経過して、新リーダーに変わった拠点があります。
そこで、今回はリーダーの自己紹介からスタート。
大学の同じ学部の先輩後輩というつながりもあり、
初回から打ち解けていました。

そして今回から拠点方針を導入!
今回は各リーダー個人が自分の拠点で達成したい方針を発表。
なぜその方針にしたかという背景も発表してくれ、
お互いの拠点方針に興味深く耳を傾けていました。

印象的だったことは、将来を見据えた学習サポートという考えの拠点が多かったこと。
目の前のテストの点数を上げる局地的な活動ではなく、
学習の習慣化やルールを守ること、中学生や高校生を教えている拠点では、
子どもの進学を踏まえた学習や勉強方法のポイントを教える必要性を
話すリーダーもいました。

共通していることは、子どもたちの今だけを見ず、
中長期的な視野を持って関わっているところだと感じました。
発表を聞いていて、子どもたちへの愛情が伝わり、感動する場面も。
胸が熱くなりました。

20121105122710.jpg
<仙台港前リーダーと荒井小用地前リーダーも参加。お二人の言葉に
説得力を感じました。>

次回リーダー会議は、12月2日(日)。
今回リーダーが発表した方針を、拠点に持ち帰りサポーターと話し合い、
正式決定した拠点方針を次回発表してもらいます。
先日リーダーが誕生した新拠点の扇町1丁目仮設のリーダーも
次回から加わるので、拠点リーダー勢ぞろいです。

今から楽しみです。

(和田)
posted by NPO法人アスイク at 10:25 | 活動報告(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。